宅建資格を独学で挑戦!スマホで宅建通信講座のおすすめ

宅建の勉強を独学で始めました。不動産に関する資格【宅地建物取引士】通信講座をスマホで勉強中・宅建合格するため効率的な勉強方法などもアップしています。

MENU スポンサーリンク

【スマホで宅建通信講座】ひっかけ問題に注意!自ら売主となる場合の8種制限

スポンサーリンク

スマホ宅建通信講座】 宅建資格を独学で挑戦! スマホで通信講座です。  試験まであと71日です。お盆休みにはいりますがスキマ時間で勉強中です。

ひっかけ問題に注意!自ら売主となる場合の8種制限

今日は、宅建業法の『自ら売主となる場合の8種制限』のところの過去問をやりました。

 

かなり自信のあるところだとおもっていましたが、実際に過去問をやってみると

ひっかけ問題にやられまくりでした!

 

『自ら売主となる場合の8種制限』のところでは相手が宅建業者ではなく一般人の場合に適応されます。問題では、宅建業者Aが・・・・というひっかけ問題がでてきてました。キチンと問題を読んで問題を解いていかなければと反省です。

ということでチェックしてみたいと思います。

 

自ら売主となる場合の8種制限

まず、宅建業者が自ら売主となり取引に適応される制限はどんなものがあるかまとめます。

  • クーリング・オフ制度
  • 瑕疵担保責任の特約の制限
  • 損害賠償額の制限
  • 手付について 手付額の制限など
  • 他人売買の制限
  • 還付販売契約の解除などの制限
  • 所有権留保等

 

絶対出そうな問題

クーリング・オフ制度についてはかなりの確率で出題されそうです。

そして、ひっかけ問題がでそうなので要注意です。

 

クーリング・オフはできる場合とできない場合があり ポイントは申し込みの場所です。

 

要チェック!

クーリング・オフの方法は、書面で行わなければなりません。

そして効果が生じるのが買主が書面を発したときです。

 

 

   買主が書面を発したときです!

 

それが ひっかけ問題では【到着したとき】など出題されてました。

 

クーリング・オフできなくなる場合

もうひとつ、しっかりと覚えておきたいことが・・!

 

買主が宅地建物の引き渡しをうけ かつ 代金の全額

を払った場合クーリング・オフができません。

 

2つの条件が大切です。どちらか一方とか代金の一部だけだとクーリング・オフできます。

 

ということで しっかりとチェックしながら過去問を解いていきたいと思います。

 

スマホで勉強できる通信講座のご紹介です。

 

無料講座では 短期間で合格する攻略方法など説明されています。これから宅建の試験を受けようと思っている方は是非、チェックてみてください。

 

 

こちらの3つです ↓

 

スキマ時間を有効活用できる【オンスク.JP】

スタディング 宅建士講座

スマホで完結する宅建講座『スタケン』

 

 宅建試験まで、 あと71日・・。

がんばりどきです!宅建の勉強をがんばりましょう~!!