宅建資格を独学で挑戦!スマホで宅建通信講座のおすすめ

宅建の勉強を独学で始めました。不動産に関する資格【宅地建物取引士】通信講座をスマホで勉強中・宅建合格するため効率的な勉強方法などもアップしています。

MENU スポンサーリンク

【スマホで宅建通信講座】相続について【 試験まであと98日】

スポンサーリンク

スマホ宅建通信講座】 宅建資格を独学で挑戦! スマホで通信講座です。  試験まであと98日です。2019年は、10月20日が試験日です。  

 

 宅建の合格率は、15%~17%。そして、試験内容は全問マークシート方式で 4肢択一式です。 50問、試験時間は2時間です。

 

 現在スマホ宅建通信講座の勉強中です。講座は、【相続】のところに入りました。相続についてはなんとなくイメージが付きます。誰がどれだけどうもらえるのかチェックしていきたいと思います。覚えるべきことをまとめてみまた。

 

f:id:kumkjun:20190713101814p:plain

相続について宅建資格の勉強 スマホで通信講座

宅建通信講座 相続でおぼえるべきこと

 

【相続】のところでは、相続人の範囲と順位を覚えます。そして、だれがどれだけもらえるのか?

そして、相続は放棄もできるので 相続の承認と放棄のチェック

 

遺言と遺留分について

相続人の順位をチェック

★相続には、指定相続と法定相続がある

 

法定相続についての順位

被相続人の配偶者は相続人

そして、子供

敵出子・非摘出子(正式婚姻届けなしの子) 養子・胎児

 

2番目  直系の父と母

3番目  兄弟姉妹

 

代襲相続のチェック

★例 非相続人の子供がいない場合→非相続人の孫になる

欠格・排除などで子供に相続権がなくなってる場合 →孫になる

相続放棄の場合は、 代襲相続は認められない

 

相続分の割合

相続分の割合も試験にでる可能性あり

相続人が配偶者と子の場合 2分の1と覚える

2分の1を子の数で割ると子の一人分の割合がでる

スマホ宅建通信講座】相続と承認の放棄

単純承認・限定承認・相続の放棄をチェック

 

相続の放棄

相続の開始があったことを知った日から3カ月以内家庭裁判所に申し出る

 

単純承認

相続の開始があったことを知った日から3カ月以内に放棄や限定を行わなかった場合

何もしなかった場合は単純承認したとみなされる

 

限定承認

相続人 全員で申し出なければいけないところがポイント!

資産をプラスの範囲以内で承継することで これも知った日から3カ月以内

 

遺言について

自筆証書遺言・公正証書遺言・秘密証書遺言の3つがある

 

自筆証書遺言

自筆でないとダメ・証人はなし・検認が必要(家庭裁判所の確認)

公正証書遺言

公証人がする 証人が2人以上必要

 

秘密証書遺言

 

遺言を書いたものに 公証人が日付を記入

パソコンや代筆でもよい 証人2人以上  検認が必要

 

遺留分

 遺言書により全財産などを遺贈されたときなどに相続人に遺産を受け取れるよう保証された割合が遺留分です。

★兄弟姉妹には遺留分がない

遺留分を取り戻すには知った日から一年以内に遺留分減殺請求をしなければならない

 

 

以上 相続についてのポイントだけまとめてみました。

 

スマホで勉強できる通信講座のご紹介です。

 

無料講座では 短期間で合格する攻略方法など説明されています。これから宅建の試験を受けようと思っている方は是非、チェックてみてください。

 

 

こちらの3つです ↓

 

スキマ時間を有効活用できる【オンスク.JP】

スタディング 宅建士講座

スマホで完結する宅建講座『スタケン』

 

 

さあ!宅建の勉強をがんばりましょう~!!