宅建資格を独学で挑戦!スマホで宅建通信講座のおすすめ

宅建の勉強を独学で始めました。不動産に関する資格【宅地建物取引士】通信講座をスマホで勉強中・宅建合格するため効率的な勉強方法などもアップしています。

MENU スポンサーリンク

スマホで通信講座【スタディング】の基本講座は?

スポンサーリンク

スマホ宅建通信講座】 宅建資格を独学で挑戦! スマホで通信講座です。

 

試験まであと123日!

 

 

 

スマホでいつでも宅建の勉強ができる通信講座

こちらの3つです ↓

スマホでいつでも宅建の勉強ができ、無料体験できる宅建講座です。

スキマ時間を有効活用できる【オンスク.JP】

スタディング 宅建士講座

スマホで完結する宅建講座『スタケン』

 

 

私は、現在 スタディング 宅建士講座 を受けています。

普通の主婦をしており、家事の合間に勉強を始めました。

 

今日は、【スタディング】の基本講座の内容をチェックしたいと思います。

 

スタディング】の基本講座の内容

大きく分けると、宅建業法・法令上の制限・権利関係・税その他となっています。

 

現在は まだ宅建業法を勉強中です。

 

宅建業法をチェック!

宅建業法をチェックしてみると

  1. 宅建業法全体像
  2. 宅建業法の免許制度
  3. 取引士について
  4. 保証金制度について
  5. 媒介・代理契約と広告の規制
  6. 重要事項の説明
  7. 契約と業務上の規制について
  8. 自ら売主制限
  9. 報酬の制限
  10. 監督処分・罰則と住宅瑕疵担保履行法

 

となってます。ひとつひとつ 覚えていくしかないですね。

 

現在、8の自ら売主制限まで動画・練習問題・過去問と勉強しました。

 

 一週間の学習時間をチェック

 

f:id:kumkjun:20190618132841p:plain

一週間の宅建勉強時間

 

スタディング 宅建士講座では、学習時間などもグラフでチェックすることができます。

こうやってみると、一日に一時間ぐらいしか勉強していません。

 

自分では、一日に3時間ぐらいしていると思ってました。笑 ちょっと自分に気合を入れ一日2時間は勉強時間をとらないとと反省です。

 

 

宅建勉強の覚書き】

 

契約締結時期の制限について

 

たとえば、家を建てるときには建築確認というものがあります。建築確認が済んでいないと売買・交換取引など契約締結ができません。

しかし、賃貸はできるんです。

 

賃貸は、建築確認の前でも契約締結ができます。しかし、広告はできません。

広告は、できないのに契約はできる・・・。

 

となんだか意味が不明すぎて、ここはしっかりと覚えました!!

 

今晩は、夜2時間は勉強したいと思います。がんばりましょう~!

 

 

いまから、宅建の講座をお探しの方はチェックしてみてくださいね!

スマホでいつでも宅建の勉強ができ、無料体験できる宅建講座です。

   ↓↓

スキマ時間を有効活用できる【オンスク.JP】

スタディング 宅建士講座

スマホで完結する宅建講座『スタケン』