宅建資格を独学で挑戦!スマホで宅建通信講座のおすすめ

宅建の勉強を独学で始めました。不動産に関する資格【宅地建物取引士】通信講座をスマホで勉強中・宅建合格するため効率的な勉強方法などもアップしています。

MENU スポンサーリンク

宅建資格試験の合格に向けて【開発許可制度】が試験にでる!

スポンサーリンク

スマホ宅建通信講座】 宅建資格を独学で挑戦! スマホで通信講座です。  試験まであと111日です。2019年は、10月20日が試験日です。  

 

宅建試験の申込日は7月1日からです。いよいよ明日からです。

インターネットからでも申し込みすることができます。

 

一般財団法人 不動産適正取引推進機構のホームページ試験案内がでます。

 

チェック!!重要! ↓

なお、登録講習受講者の方はインターネットで申し込みをすると一般受験者となってしまうので注意が必要です。

 登録講習受講者の方は郵送での申し込みです。

 

 

 

受験手数料は7000円です。写真も準備が必要です。

 

 宅建の合格率は、15%~17%。そして、試験内容は全問マークシート方式で 4肢択一式です。 50問でて、試験時間は2時間です。

 

 明日から、申し込みということでなんだか気分的にあせってきました。

スマホでの勉強は、一日どれだけ勉強できたかもチェックできるのでみてみると一日平均一時間ぐらいです。マズいです 汗

 

もう少し勉強時間を増やしていこうと思っています。ということで昨日は、法令上の制限・都市計画法ところを勉強したのでチェックです。

 

 

宅建資格試験の合格に向けて【法令上の制限・都市計画法

 

ちなみに法令上の制限のところは、

都市計画法

建築基準法

国土利用計画法

農地法

土地区画整理法

宅地造成規制法とその他の法令

ということで みるだけで頭が痛くなってきそうですが・・・。涙

 

 

 

 試験のための攻略は・・・?時間がせまってくると攻略方法ばかり考えます。笑

 

f:id:kumkjun:20190630090740p:plain

法令上の制限をスマホで勉強

 

 

 

宅建試験に受かるためのチェック 開発許可制度はかならずでる!

 

f:id:kumkjun:20190630100927p:plain

開発許可制度

 覚えるべきポイント

開発許可制度のところから問題が毎年でているということですが、絶対に覚えるべきポイントがあるようなまでまとめました。

 

開発行為を行う場合原則とし都道府県知事の許可が必要です!!

 

開発することになると 都道府県知事は、開発許可の基準に照らし合わせ・許可と不許可の決定をします。

 

★まず、開発許可には、許可が必要?なとこと必要ではないところがあるのでチェック

★開発許可の手続きの流れは?

ということころです。

 

 

 

たとえば、造成工事などの開発行為を行うときに

開発行為に該当するのかしないのかというということをチェックする

該当するところでも、許可が必要なところと必要ないところがあるのでさらに確認

 

絶対覚える数字

開発行為について開発許可が不要になる数字は絶対覚えること!

 

1,000    3,000   10,000

 

開発許可が不要になる場合をまとめてみました

都市計画区域

市街化区域 1000未満

市街化調整区域 小規模でも開発許可が必要

 

非線引き区域  3000未満

 

準都市計画区域   3000未満

 

都市計画区域準都市計画区域以外 10000

 

単位は㎡

 

 

10000㎡=1ヘクタール

 

 

以上・・まだまだ覚えるべきことは沢山ありますが

開発許可の問題がでたときは、1,000    3,000   10,000をまず思いだす

 

という感じで頑張ります!

 

スマホで勉強できる通信講座です。

 

無料講座では 短期間で合格する攻略方法など説明されています。これから宅建の試験を受けようと思っている方は是非、チェックてみてください。

 

 

こちらの3つです ↓

 

スキマ時間を有効活用できる【オンスク.JP】

スタディング 宅建士講座

スマホで完結する宅建講座『スタケン』

 

 

 

お得情報 『スタケン』は、キャンペーン中でお得に 期間限定で講座をうけることができます。↓

 

チャンスです!!最終日です。

 

独学なのにみんなと競える宅建講座『スタケン』

 

 

さあ!宅建の勉強をがんばりましょう~!!